さつき会ブログ

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

科学者への道を考えるきっかけに ~日本女性科学者の会シンポジウム動画「女性科学者への期待」

男女共同参画CM(0)

夏休みは、お子様と将来の進路を話し合うよい機会ですね。
そんな時に理系進学を考えるきっかけにしてほしいと、会員の本間(加藤)美和子さん(医学系研究科卒)から、ご自身が参加されている日本女性科学者の会のシンポジウムの動画と、内閣府などが共催する理工系女子を応援するサイトをご紹介いただきました。


(一社)日本女性科学者の会は、2021年例会シンポジウム「女性科学者への期待~女性科学者はなぜ増えないか」の動画をYouTubeで公開しています。このシンポジウムでは、林 伴子内閣府男女共同参画局長(当時)をはじめとするパネリストの方々のお話から、日本の女性研究者割合が16.9%と国際的に見て非常に低いことに対する危機感が伝わってきます。
日本女性科学者の会 2021年例会シンポジウム

本間さんによると、当時男女共同参画局長を務めておられた林 伴子さんは、エネルギーに溢れ、明るいお話をされ、同時に科学者としてデータをきちんと読み取り、データに基づく政策の整備にも意欲的に取り組んでこられた方だそうです。パネリストとして登壇されている松尾 泰樹さん(内閣府科学技術・イノベーション推進事務局長) は、長く日本の科学技術政策ヘ貢献されており、なおかつ親しみあるお話の仕方からも分かるように、人望厚い方だそうです。そして、塩満 典子さん(文部科学省科学技術・学術政策研究所上席フェロー:当時)は、日本の女性研究者支援事業を政策側から牽引した中心人物だそうで、Machiさんは大学院から米国で学ばれた後、NSFにて米国での女性研究者支援事業をリードして来られたのだそうです。シンポジウム紹介画面

府省庁の方々のお話が表に出る機会は意外と少なく、このシンポジウムのような動画公開は実は希少だそうです。それだけ国の政策に関わる方々が、大学、小中高から、家庭ぐるみで理系選択を支援することの必要性を痛感されている証かもしれません。私も、林局長のお話にあった、日本がOECD諸国の中でSTEM(science, technology, engineering and mathematics)分野に進む女子学生の割合が最下位である要因として、親や教員による女子中高生への無意識の声掛けが進路選択に大きな影響を与えている、との指摘にドキリとさせられました。STEM系大学入学者女性割合
「男女共同参画白書 令和4年版」より

我が家にも、夏休み明けに文理選択を迫られている高校生の娘がいます。私が先日、シンポジウムの動画をテレビ画面に映して見ていたら、その横で、宿題をしながらチラチラと見ていた娘がポツリと「私、実験とか興味あるんだよね」とつぶやきました。日頃、「数学や物理・化学が好きだけれど、あまり成績が伸びない」「なりたい職業は理系が多いけど、理系科目の成績が悪いから文系に行こうかな」などと迷っている娘の本音のような気がしました。親である私がちょっと背中を押すだけで、娘の将来は大きく変わるのかもしれません。これからは、理系に進むこともしっかりと視野に入れて、娘とよく話し合ってみようと思いました。

そんな私たち親子にとって、本間さんからご紹介いただいた「夏のリコチャレ2022」は、願ってもないサイトでした。内閣府・文部科学省・経団連が共催するこのサイトでは、職場見学・仕事体験・女性技術者や研究者との交流など、理工系の仕事や将来に触れられるイベントが一覧でわかりやすく紹介されています。既に満員御礼となっているイベントもありますが、楽しそうなイベントがたくさん紹介されていて、見ているだけでワクワクします。男女関係なく参加できるイベントもあるので、息子にも参考になりそうです。
夏のリコチャレ2022

この夏、お子様と明るい未来を見据えて話し合ってみませんか?

(担当:ゆっちょむ)


-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

研究分野での男女共同参画は実現できるのか?

男女共同参画CM(0)

***会員の中野恭子さんが、12月15日開催のJSPS(日本学術振興会)男女共同参画推進シンポジウム『研究とライフイベントの両立へのヒントがここに!』をご紹介くださるとともに、ご自身のご経験を踏まえて男女共同参画に関する思いを投稿してくださいました。***

日本の女性の地位、昔よりはよくなったものの
 大学の執行部に女性が少ない状況は、Global Gender Gap Index Rankingsにおける日本の地位の低さに貢献しており(注1)、仕事で行く東南アジアの国立大学では女性学長や副学長が珍しくないのに恥ずかしいことです。それでもこの30年に少しはよくなり、たとえば日本学術振興会(JSPS)のデータによりますと、大学教授の6人に1人は女性だということです(注2)。
 男女雇用機会均等法ができる10年前に理学部を卒業し、高卒の資格でよければ採用するなどといわれるなか大卒資格で民間企業に就職したものの、本社での出世頭は秘書課の主任という現実にくじけて出産退職した私には、社会のうねりがあるように見えます。長男と三男は3歳しか違いませんが、朝幼稚園に送ってくるお父さんが3年間で顕著に増えた記憶があります。夫はまったく知らないと思いますが。
 他方、特別研究員-RPD及び海外特別研究員-RRAの採用者・経験者を対象としたアンケート調査(JSPS 2020年)では、出産・育児のために研究を諦めることが多いと感じる研究者が85%にのぼります。男女共同参画学協会連絡会「第四回 科学技術系専門職の男女共同参画実態調査」(2017)は、社会全体での取組が必要と指摘していますが、男性の家事・育児への参加や上司の理解、男性の意識改革はなかなか進まないようです。
日本女性の地位データ
Prof. Ellen Joan Kumaat:インドネシアの国立大学(Universitas Sam Ratulangi)学長、専門は土木工学
インドネシアKumaat学長
出所:https://womensobsession.com/detail/803/berkarya-lewat-dunia-pendidikan

それぞれの取り組み情報を共有しよう
 このようななか、JSPSは2021年12月15日(水)に男女共同参画推進シンポジウム『研究とライフイベントの両立へのヒントがここに!』をオンラインで開催します(https://cheers.jsps.go.jp/event/)。企画を持ち込んだ男性理系研究者は、多くの大学・研究機関が多様性推進に取り組んでいるものの、それらが単独で走っていて情報共有ができていない、との現状認識をもっています。どの職場がどのような方針や体制をもっているのか広く情報共有することは、女性研究者の挑戦を後押しするとの期待があります。また男女共同参画は、性的マイノリティや移民などマイナーな立場にある人々の参画につうじる多様性の尊重であり、SDGsが目指す誰も取り残さない世界へのカギの一つでもあります。
 理系研究分野での男女共同参画には母数の増加が必要です。この観点から、お茶の水女子大学は理系女性教育開発共同機構を設置し、いわゆるリケジョ育成や女性研究者の海外での活躍を支援しています(注3)。
JSPSポスター

夫の仕事事情で退職する女性は、まだ今も
 私はすべての仕事から離れるというどん底からはいあがり、いつからか夫もこどもも置いて何週間も海外出張に出るようになりましたが、研究職の夫の仕事事情で退職して海外に同行する女性を至近距離でみると胸が痛みます。個人の選択や環境にもよりますが、子連れのシングルファーザーで海外赴任することが許されなかったり(女性の単身赴任はたいてい子連れなのに)、保育園お迎えの時間に帰れない父親が普通だったりと、日本のワークライフバランスはまだ均衡していない気がします。育った家庭のカルチャーも影響すると考えられるので、女性が無意識の性別役割分担から脱することも大事かなと思います。

中野恭子

(注1)WEF "Global Gender Gap Report 2021"

(注2)日本学術振興会(JSPS)Cheers!「データで見る研究分野の男女共同参画」

(注3)お茶の水女子大学理系女性教育開発共同機構


-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

プロフィール
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 

Copyright ©さつき会ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.