さつき会ブログ

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

同じ未来を夢見る幸せ ~一時保育の検索・予約サービス「あすいく」を運営

会員の活動CM(0)

7歳、4歳、1歳の小さなお子さんを育てながら、起業して日々奮闘されている会員の幸脇啓子さん(2001年文)。
今回は、幸脇さんに、起業して今に至るまでの思いを寄稿していただきました。


大学卒業後、10数年のサラリーマン生活を経て起業し、現在は一時保育の検索・予約サービス「あすいく」を運営しています。子どもをちょっと預けたいときやひとりの時間がほしいときに、安心して預けられる一時保育先がLINEから見つかり、キャッシュレス・ペーパーレスで利用できるプロダクトです。
あすいく1
「あすいく」のホームページ

30代半ばで長男を出産した時の経験が、起業のきっかけです。それまで雑誌の編集者として徹夜は当たり前、ほぼ休みなく国内外を飛び回る「24時間働けますか」の世界(古い……)を生きていたものの、乳児を育てる生活はそれよりはるかにハードでした。

寝ない赤ちゃん、眠たい私、進まない家事、溜まるストレス。
いま思えば「何をそんなに」と思うのですが、当時は無駄に強い責任感と義務感に押しつぶされそうになっていました。

そんなわたしを見かねたのか、ある日、母に「赤ちゃん見ているから、気分転換してきたら?」と言われ、駅前のカフェに行きました。出産以来、はじめてのひとりでの外出。抱っこ紐の中の赤ちゃんを心配することなく、ひとりでのんびり過ごす時間は、想像以上の解放感でした。出産前は普通だった「ひとり時間」が、こんなにもありがたいなんて!

たった数十分のうちに、赤ちゃんに感じていたイライラはすーっと溶けてなくなり、こわばっていた心も体も、なんだかやわらかくなったように感じました。

子どものことは大好きだけど、ときには少し離れてもいい。
離れたからこそ、もう一度笑顔で向き合える。
幸脇さんとお子様2
幸脇さんと三番目のお子さん


自分が体験したからこそ、どんなママやパパにも、一人の時間を大事にしてほしいと思っています。

ところが、大事な子どもを安心して預けられる場所を探すことは、そう簡単ではありません。周りに聞いてみても、小さい子どもを育てながら区役所のホームページを調べたり、保育園にひとつずつ電話するのは大変で、結局預けることをあきらめて、自分で頑張った、という声が多く聞かれました。

そんなある日、「空いている保育園をスマホで調べて、そのまま予約できたらいいのに!」というアイデアがふっと浮かんだのです。復職して保育園を利用し始めてから1年ほどが経った頃でした。

子どもをしっかり預かってくれる、保育園という存在のありがたさ。
ちょっとした悩みにも耳を傾けてくれる、保育士さんの心強さ。
小さいなりに集団生活を体験し、お友だちを作ってくるたくましさ。

この場所は、働いているかどうかに関係なく、子どもを育てているママやパパにとってはなくてはならないものなのではないか?それなら、保育園の空きをシェアできないだろうか?

とはいえそううまくいくはずもなく、やってみてはうまくいかず、山あり谷ありの繰り返し。とにかくいろいろなことがありましたが、どうにかアイデアは形になり、LINE会員は1400人を超えました。

一時保育という体験が、親にも子どもにも楽しいものになるようにという願いを込めて、今も日々、サービス開発をしています。(よければぜひ、使ってみてくださいね!)
あすいく2


日々不安と悩みばかりの起業家ライフですが、「やめられない」と思う瞬間がいくつかあります。サービスが実際に使われるのはもちろん、保育園や保護者の方から利用してよかったという感想が届くと、「ああ、やってよかった」と嬉しくなります。

そしてもうひとつ、仲間がいることも「やめられない」――、いやむしろ「やるしかない」理由です。

最初は自分ひとりで始めたこのサービスも、今は10人を越えるメンバーに支えられています。デザイナーやエンジニアはもちろん、保育園を訪問してくれる営業担当、インスタグラムやツイッターなどSNS発信のサポート担当、そして事業の成長戦略を一緒に考えてくれる経営チームメンバーまで。

私が多少へこたれていても、「まあ頑張ろうよ!」と背中をたたいてくれる存在がいる心強さは格別で、これまたいつの間にか背負い込んでいた重たい責任感を降ろし、ふっと肩の力を抜いてもう一度事業に向き合うことができます。

「ビジョン」なんて言葉を使うとちょっと気恥ずかしくもありますが、同じ未来を夢見て走り、ときには愚痴を言い合える仲間が増えていくのは、起業したからこそ味わえる喜びなのかもしれません(それでも大変なことばかりですが)。
あすいく3
(babytech awards 2022授賞式にて。左が幸脇さん)

プロダクトが賞を獲れば一緒に喜び、営業がうまくいかなければ一緒に悔しがり、SNSのフォロワー数が1人増えたねと、お互いにねぎらい合う。なんだかこの1年でチームっぽくなってきたんじゃない?と、最近、じわじわ嬉しくなっているのです。


20代の頃は、雑誌の編集者という仕事は自分の天職だと思っていました。ひとりで原稿を書くのも、チームで海外取材に行くのも、政治家の取材も芸能人の撮影も、何もかもが楽しくて夢中でした。

そのころは、自分が会社を辞めることも、母になることも、そして起業することも、かけらも想像していなかったのに……だから人生っておもしろい。そう言えるのはきっと、未来を目指す仲間がいるから。自分の性格を考えてみても、ひとりだったら、早々にどこかで諦めていたでしょう。

今でも、時折ふと思い出す言葉があります。
「あすいくは、社会を変える可能性がありますよ」

普段は冷静沈着なあるチームメイトが、チャットで書いた言葉です。
そうか、私たちは社会を変えようとしているんだ――。

私がひとりで作ろうとしていた未来を、今は仲間がそれぞれの言葉で語ってくれる。
こんな嬉しいことがあるなんて。

だから起業はやめられない、のかもしれません。

幸脇啓子

keiko@あすいく note 事業を立ち上げるまでの思いなどの詳細はこちらをご覧ください。

(担当 ゆっちょむ)

-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

魚沼生活52年

会員の活動CM(1)

☆ さつき会員の黒岩秩子さん(1963理)が投稿してくださった記事です。☆

 1963年、理学部数学科を卒業して、高校の数学の教員を6年、その後保育園で保母を1年終わったところで、夫の仕事の都合でここ新潟県南魚沼市浦佐に3人の子どもを連れて引っ越してきました。ここで保育園に19年務めたのち退職して、1990年家で、不登校や、障がいを持った方々も含めた塾を8年間運営していました。その間、参議院議員に立候補を促されて1995年に新党さきがけから全国区で立候補し落選したのですが、2001年に堂本暁子さんが、千葉知事になられた後、繰り上げ当選で、5か月間参議院議員をしました。

 浦佐の地元では、町立保育園の保母をしているときに受け持った知的障がい児のまあちゃんとさっちゃんにより価値観を180度転換させられました。まあちゃんさっちゃんが、保育園卒業後、上越にある養護学校に入って親元を離れて寄宿舎生活を始めました。6歳で親元を放せられることに疑問を感じながら、どんな障がいがあっても地域の中で生活できる地域を、と考える仲間が集まって、誰いうともなく「ともに育つ会」ができてしまいました。

 1996年春、夫が町長選に立候補して落選した時に、町長にならなくてもできることをしようということになって、「ともに育つ会」の仲間が、450坪の土地と5000万円を提供するから、何かを作ろう、と提案してくれ、1999年に社会福祉法人桐鈴会(桐が立っている畑を鈴木さんが寄付してくださりこの名前が付いた)が設立され、ケアハウス「鈴懸」が開設されました。「終の棲家」を詠ったケアハウスで、認知症になってしまう入居者のために、隣に認知症高齢者のグループホーム「桐の花」を立てました。その時に夫が古物商から100万で購入してあったお寺を移築して、グループホームと廊下で繋げました。そのお寺は夢草堂と名付けられ、講演会に音楽会(寄付されたグランドピアノあり)に展覧会に葬式場に集会場にと使われます。

桐の花

 「ともに育つ会」の仲間から障がい者の施設も、と言われ、2005年に障害者自立支援法ができて、知的、身体、精神、という縦割りが解消されて、「障がい者」にまとめられたので、障がい者の昼間生活する場「工房とんとん」とグループホームを2011年から作り始めました。今では、障がい者グループホームが3つ、相談支援事業所、障がい者日中活動の場などができて、高齢者施設と合わせて職員が全部で80人ぐらいになっています。

tonton.png

 2019年には、20周年記念行事が行われ、20周年記念誌が出来上がりました。この記念誌の名前は「迷惑をかけあえる関係を目指して」というもので、このタイトルを考えたのは、職員の一人です。職員全員が文章を寄せてくれ、すべてがあいうえお順で並んでいます。
 桐鈴会の理念の中に「迷惑をかけあえる関係」を目指す、というのがあるためです。利用者さんたちの家族さんは、たびたび「ご迷惑をおかけして」という言葉を使います。そのたびに職員たちが「ここは迷惑をかけあえるところですから」と応じているそうです。
 そんなこともあってか、どこの施設に行っても続かない人が工房とんとんにだけは喜んで通ってくださったり、警察に入ったり出たりしていた人が、桐鈴会のGHに入居したら、1週間ぐらいで「俺の人生、やり直す」と宣言してくれたりしています。詳しくは、桐鈴会のHPをご覧ください。

グループホームでの食事風景

すずカフェ

作品販売

パン売り場

テイクアウトの惣菜

 私がこちらに移住してきたのが、1971年、その翌年、上越新幹線が浦佐駅に止まることが決まりました。そのため、東京から7時間かかってきていたのに、いきなり1時間半で来られるようになってしまいました。
 夫が診療所に勤めていたのですが、町立病院を立てて、ここで往診もするような地域医療を支える病院「ゆきぐに大和総合病院」ができたので、毎年2,000人ぐらいの見学者が来られるようになりました。夫は行政を握って医療福祉の街にしたいということで、町長選挙に出たのですが、落選したので、浦佐に在宅医療を行う診療所「萌気園」を立てました。そして、在宅ケアの全国組織の会長を17年間やることになったのでした。
 桐鈴会も夫の診療所のおかげで、住んでいるお部屋で亡くなることが可能で、病院で亡くなる方はほとんどいない状態です。高齢者の皆さんは、「終の棲家」として桐鈴会のケアハウスや、グループホームを選んできてくださっています。
 夫は1970年に移住してきて、1年後に私と3人の子ども、そして夫の母が移住してきました。その後子どもは4人生まれて、今では孫が18人になっています。18歳で全国にちりぢりになっていた子どもたち、今では南魚沼市内に4家族が住み、新潟県には5家族が住んでいます。
 魚沼生活52年、82歳になり、そろそろ終活にとりかかっているところです。


☆ 黒岩さん、投稿有難うございました。☆
                 
               (担当 Aozora)


 -----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

アンティークストールに魅せられて17年 

会員の活動CM(0) TB(0)

☆会員の長谷川峰子さんに、ストール専門店がちょうど17周年目を迎えた2022年3月3日に寄稿していただいた記事です。☆

2022年3月3日でストール専門店インドリームは設立17周年を迎えました。この17年間に3万枚以上のストールに出会いました。すでに子育ても終わっていたので、ストールのことだけ考え続けて17年、そろそろ私もストールのプロといえる段階に入ったでしょうか。

アンティークストールとの出会い

私は東京表参道でストール専門店を営んでおります。予備知識なしで、ひとめぼれして始めたインドの高級ストールの販売。そのストールは、なんと500年以上の伝統があり、ナポレオンのジョゼフィーヌ皇后も愛したインドのカシミールショールでした。知れば知るほど奥が深いストールで、本当に素晴らしい商材に出会えたのは幸運でした。
この17年間で出会ったストールのうち、一番印象深いのは、100年以上前に作られたというアンティークの手刺繍ストールです。それまでにアンティークストールの切れ端は見たことがあったのですが、一枚完全な形というのは初めてでした。
私も最初は見るだけのつもりだったのですが、大好きな色の組み合わせ、またストールの放つ素朴な刺繍の美しさに魅了され、予定外に入手してしまいました。カシミールショールの知識が深まった時期でもあったので、どうしても持ち帰りたくなってしまったのです。

それがこちらのストールです。この写真はあるイベントでご紹介した時のものです。

antique-1-2.jpg

アンティークショールは、生地が弱っているので、ストールのサイドの部分は布テープで補強されています。また、フリンジ部分は損傷が激しかったので、新しく作り直されていますが、はぎ合わせの技術は素晴らしく全くわかりません。ただ生地の色が変化していることで、時代の違いがわかります。

antique2-2.jpg

高級ストールは絹糸で刺繍するのですが、買えなかったため、ウールの細い糸で刺繍されています。それゆえにマットな風合いと、なんとも言えない素朴な美しさがあります。そして、カラフルでとても可愛らしい配色です。

antique-3-2.jpg

このストールへの愛は日に日に深まり、結局インドリームの宝物とすることになりました。インドリームという会社名はインドとドリームをくっつけた造語です。まさにインドリームにふさわしい宝物です。
とは言え、このストールを秘蔵しておくだけでは、ストールを作った職人さんにも申し訳ないと考え、このストールをご紹介するために、「ストール美人ランチ会」というイベントを始めました。青山のレストランでストールの歴史の話をしながら、ランチして、その後、このアンティークストールをご覧に入れて、お土産のストールを選んでいただくという楽しいイベントです。
2016年以来、60回以上開催、400人以上の方にこのストールをご覧に入れました。さつき会の先輩や後輩もたくさん参加してくださいました。コロナ禍のなか、積極的な募集は控えておりますが、現在でも、ご希望があれば少人数開催をしております。

もし、実際にご覧になりたい方がありましたら、ぜひご連絡ください。
このストールをお見せして、たくさんの方に楽しんでいただくことが、私の何よりの喜びです。

ストール専門店「インドリーム」はこちらです。
長谷川峰子さんはFacebookINSTAGRAMも利用されています。


(担当:Giglio)


-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

グローバルに戦うマイナー競技のアスリートを応援する!

会員の活動CM(0)

さつき会会員の大里真理子さん(1986文)が代表取締役を務める(株)アークコミュニケーションズには、オリンピックを目指して頑張っているマイナー競技の選手たちを支援するスキーチームがあります。
今回は大里さんにお願いして、スキーチームを設立した経緯や願いなどを書いて頂きました。


********************************************************
アークコミュニケーションズスキーチームは、グローバルに戦うアスリートの育成・支援と競技の裾野拡大を目的として、東日本大震災後の2011年に設立されました。
未曽有の事態に、会社自体がどうなってしまうのか不安ではありましたが、さらに苦境に陥っているアスリートを支援できないものかと、大きな情熱とちっちゃな正義感から始まりました。

ブishihara1
※スキーオリエンテーリング競技中の石原湧樹選手

さて、なぜ私がこんな大きな情熱をもつことになったのでしょう?
私が30代半ばに出会ったスキーオリエンテーリング(50秒)がきっかけです。
自然との共生や自分との闘いについて多くのことを学びました。マイナースポーツの良いところは、競技人口が少ないがゆえにトップアスリートと物理的距離も心理的距離も近いことです。彼らの競技力の凄さを生で見せつけられ、そしてそれは彼らがいかに真摯に競技に向き合っているかの裏打ちであることを肌で感じます。
またマイナースポーツが故の彼らの困難、周囲の理解や金銭的苦労にも気が付くようになりました。「こんな素晴らしいトップアスリートを応援したい」、そんな気持ちが自然と芽生えるようになりました。そしてせっかく応援するのであれば、一時的に金銭を支援するだけではなく、アスリートへの支援の輪が広がり、競技そのものも永続的に発展できるモデルが作れないかと考えるようになりました。

ブyamamoto2
※フリースタイルスキー・スロープスタイル競技中の山本泰成選手

これまでの企業とアスリートの関わり方は、企業が宣伝効果を狙って一方的に支援するのに対し、選手はそれとは無関係に純粋に競技に取り組むという関係性がほとんどでした。しかし、メジャースポーツですら実業団チームは存続の危機に陥っており、さらに露出が少なく宣伝効果が小さなマイナースポーツにおいては、企業の協賛が非常にとりづらい状況になっています。
このままでは、グローバルレベルで戦っているアスリートであっても、マイナースポーツであるが故に支援の提供が制限され、金銭的にスポーツを続けることが困難になってしまいます。
アークコミュニケーションズは、人々のニーズが多様化している現在こそ、マイナースポーツとビジネスの新しい関係を築くチャンスだと考えています。アスリートを育成・支援する環境を整えながら、他の企業や地域社会や個々人に働きかけることで、アスリートを多面的に支援・応援するためのネットワークを拡大させます。こうしたベンチャーならではのビジネスモデル構築にチャレンジします。アスリートが引退したあとのキャリアについても一緒に考え、サポートしていきます。

ohsato.jpg ※選手を応援する大里さん

一方、アスリートは、競技に真摯に取り組みながらも、アークコミュニケーションズの発展や他企業のビジネス面に貢献します。自分ができることを自分で考え、競技との関係の有無にかかわらず行動に移します。
アークコミュニケーションズスキーチームは、アスリートに対する支援の輪を広げる方法を模索しながら、アスリートとサポートする企業や個人の共生のあり方を共に考え、実践するパートナーを募っています。
2021-2022シーズンは前シーズンに続き、平昌オリンピックに出場したフリースタイルスキー・スロープスタイル競技の山本泰成選手と、3期連続スキーオリエンテーリング競技の日本チャンピオンである石原湧樹選手(東京大学博士課程1年)をサポートしています。ぜひ皆様、応援してください。

山本泰成選手 石橋湧樹選手
さて、応援って何をすればよいのでしょうか??
3つあります。
・まず選手に興味をもってください。
アークコミュニケーションズスキーチームのメルマガにご登録ください。
選手が何を考え練習に試合に臨んでいるのかよくわかります。
・イベントに参加して下さい。試合を観戦してください。
→選手の素顔がわかる壮行会を開いています。
残念ながらテレビ中継はありませんが、インターネットでのライブ配信がなされることが多いです。
・金銭的にご支援いただけると嬉しく思います。
グローバルに戦うには、そのための準備はもちろんのこと、遠征費用(交通費、滞在費など)がかかります。それらの費用をサポーターが少しずつ負担して、選手を応援できないか、模索しています。
https://www.arc-c.jp/ski/sponsors/index.html

さて、2月には北京オリンピックが開催されます。オリンピックでないとテレビ放映されない競技もたくさんあります。残念ながら日本からの渡航観戦はかないませんが、ぜひトップアスリートの凄さをテレビやインターネット放映を通じて感じてください。

(大里真理子1986文:東京都在住)


-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

プロフィール

johohasshin2020

Author:johohasshin2020
さつき会
(東大女子ネットワーク・コミュニティ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 

Copyright ©さつき会ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.