さつき会ブログ

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

犬をつれた奥さん

エッセイCM(0)

さつき会会員の松村幸子さん(1958年医・衛生看護)からお寄せいただいた作品をご紹介します。


   ぺんぺん草

ペンペン草や猫じゃらしが生い茂っている道端で草を食んでいる雑種犬がいた。夕方の買い物に出かける途中だった亮子は思わず
「ポンタ君?」
と声をかけた。先日新聞配達をしていた時見かけて名前を教えてもらった犬に似ていたので自分の記憶力を確かめたかった。
「いえ、サブです」
飼い主らしい奥さんが答えた。
「あ、ごめんなさい。私、目が悪くなって見分けがつかなくなってしまって」
と言いながら亮子はしゃがみこんで犬の耳の付け根のあたりをゆっくり撫でた。亮子の仕草を見ていた奥さんが小さな声でアッと言いながら亮子に聞いた。
「村野さんではありませんか」
「はいそうですが」
答えながら飼い主の奥さんを見上げた。白のスラックスに濃紺のシャツの襟元には赤のスカーフが覗いていた。
「一郎君はお元気ですか、例子ちゃんも、絵美ちゃんも」
亮子は一瞬焦った。この人は誰だろう?全く分からない。それなのにこの奥さんはうちの子供たちの名前まで知っている。どなたさまで?と聞く訳にはいかない。どのあたりに住んでいるかが分かれば家に帰って町会の名簿を見れば分かるかもしれないとかすかな期待をこめて、亮子は言った。
「お住まいはどちらでしょうか。私はT町会ですが」
奥さんはここから自分の家までの道のりを丁寧に教えてくれたが亮子は帰宅後地図の上で奥さん宅を探し出す自信がなかった。やはり苗字だけでも聞いておかねばと恥を忍んで聞いた。
「私、最近記憶力が駄目になってしまいまして、お名前が思い出せないのです。失礼ですが、お名前を教えて頂けないでしょうか」
「中村文子です。M駅降りてすぐの所に以前レストランがあったのを覚えていらっしゃいますか。今は時計店になってしまっているけれどあそこはうちのレストランだったのです。」
亮子は記憶を辿った。確かに明るくて美しい姉妹が経営しているレストランがあった。まだフアミレス等がない頃、子供の卒業式や入学式の時、家族で食事に行ったことのあるレストランで洋風のスープが美味しかった。
「はい、覚えています。スープが美味しくてすてきなご姉妹が働いていらっしゃいました。あの時の店主さん?」
「いえ、私は妹の文子です。村野さんに頼まれてレストランで働いてもらった人いましたよね」
咄嗟に言われて思い出せなかった亮子は戸惑いながら言った。
「いろいろお世話になりました。すっかりご無沙汰してしまいまして、もうあれから何年くらい経つのでしょうか」
草をまさぐり終えた犬のサブが帰りたそうにリードを引っ張るのに気づいて、またお会いしましょうと亮子は文子と別れた。

   IMG_1767.png

 買い物を済ませて家に着くと亮子は早速町会の名簿と地図を取り出し文子の家を探したがすぐには見つからなかった。番地が並んでいないので家探しが困難な地域だった。名字で索引してやっと探し当てた。亮子の家から五分もかからないで歩いて行ける近さだったが今まで一度も出逢ったことがなかったことが不思議だった。
遅くなってしまった夕食の支度に台所に入ると夫と次女がいたので早速聞いた。
「犬をつれた感じのよい奥さんが家の子三人の名前をみんな知っていたのよ。どうしてなの?」
酵素作りに余念がなかった次女の絵美が答えた。
「駅前のそのレストランであたし達アルバイトしていたの」
「エッいつ?」
「あたしは中学に入ってすぐかな。れー姉は高校時代、兄ちゃんは中学の時だよ」
「エッ知らなかった。今の今まで知らなかった初めて聞くことだわ。なんで親にも黙ってアルバイトなんかしたの」
問いただすと絵美は夏みかんの乱切りと砂糖をかき混ぜる手を休めて言った。
「相談したくてもお母さんはいつも家にいなかったじゃない。朝早くから夜遅くまでお母さんは仕事に夢中だった。あたし達より仕事が大事だったのよ」
「そんなことないわよ。あなたたちのこと何よりも大切に思っていたわ。だけど帰れない事情がお母さんにもあったのよ。聞いてくれる」
今更その時の事を説明してみたところで始まらない、とは思った。時は過ぎ去り何もかも過去のことになった今、何を言っても空しく響くだけかもしれない。しかし、仕事優先の為に子供たちをないがしろにしたと言われてはあまりにも悲しい。色褪せ凋んでいった四十五年も前のことを亮子は手繰り寄せようとして言った。
「私が保健所から精神障害者のリハビリテーション施設に転勤になったのは知っているよね。絵美が生まれる二年前だから昭和四十六年かな。保健所では昼間の勤務が主だったけれど、そこは二十四時間患者さんが生活する場所だったから勤務も三交代制で昼間八時間、夕方四時半から真夜中の十二時迄八時間、十二時から朝まで八時間働くという勤務をしていたのよ。私は係長に任命され入所者だけでなく係全体を見ていかなければならなかったの。毎日やることが山のようにあって、仕事が終わることはなかったから帰りたくても帰れなかったの。いつも考えたことはどうしたら一日も早く患者さんたちが社会復帰できるかということ、社会復帰に向けて病棟は何を大事にしていくかをみんなで討論して決めていたの。看護職だけではなく、社会福祉職、作業療法士、臨床心理職に精神科医など多くの職種がデイケア部門、就労援助部門を作って働いていたから意見の違いがあって喧嘩になって泣くことも沢山あった。国が予算化した新しい社会復帰施設だったから見学者も次次に来て経験してみないとわからない位の忙しさだった時、事故があって」
「もういいよ。そんなのみんな言い訳じゃない。聞きたくないよ」
絵美に遮られて亮子は二の句が継げなくなった。精神障碍者も人として認められ社会復帰の可能な社会を作ることを目指して馬車馬のように働いた日々、その結果手にしたのは、母親のような生き方はしたくないという絵美たちの反旗だった。
気を取り直して亮子は夫に聞いた。
「お父さんは子供たちがアルバイトするのを許したの」
「いや知らなかった。今始めて聞いてびっくりしている」
「お父さんにも相談しなかったの」
矛先がまた自分に返ってきそうなことを察知した絵美は、夏みかんの匂う琺瑯の器を抱えて自分の部屋に退散してしまった。
いづれにしてもレストランの文子たちにお世話になって絵美たちは育ったのだ。遅ればせになってしまったけれどお礼とお詫びに行かなければならないと亮子は夫と話し合った。


*続きをお読みになるには、下の「続きを読む>>」をクリックしてください。


-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------


「象鳴き坂」を訪ねて~吉宗将軍に献上された象の話~

静岡県CM(2)

静岡県の浜名湖の北を通る「姫街道」には、引佐(いなさ)峠の少し手前に「象鳴き坂」という急な坂があります。
象が悲鳴をあげた坂とは一体どんな坂なのか、是非自分で体験してみたい!
姉に誘われて強く興味を抱いたので、3年前の4月末に訪れてみました。
今回は、この「象鳴き坂」とそこを通った象について書こうと思います。

ブDSC03785

1728年6月、ベトナムから雌雄の象2頭が長崎に到着しました。8代将軍徳川吉宗に献上されるために遥々連れて来られた象でした。
ところがその年の9月、雌の象が死んでしまいました。そこで、残った雄象だけを長崎から江戸まで連れていくことになったのですが、象があまりに大きくて重いので、当時の日本には海路で運べるほど大きな和船がありませんでした。仕方なく、象を歩かせて陸路で江戸まで運ぶこととなったのでした。

1729年3月13日、宰相2人とベトナムからやって来た2人の象使いを含む総勢14名の一行は象を連れて長崎を出発。長崎路を11日掛けて3月24日に小倉に到着。翌25日、大里(だいり)から底の平らな石船で海峡を渡って下関へ。潮の流れが外海から瀬戸内海へと変わる瞬間を捉えての渡りでしたが、海峡の激流に翻弄されながらなんとか渡り切った、まさに危機一髪!この後「道中、船渡しは可能な限り回避すべし」との追触れが出ています。
下関では大寒波で足止めされ、3月29日にようやく出発。山陽道を広島、尾道、岡山と辿り、4月16日に姫路に到着。さらに兵庫、尼崎を通り4月20日大阪に到着して、23日まで逗留。京都に着いたのは4月26日でした。
京都には3泊して、御所で中御門天皇に拝謁した後、4月29日三条大橋を渡って京を出発。この天覧を機に、京を中心に大変な象フィーバーが巻き起こったそうです。

京からは逢坂山を登り、大津から草津へ。草津川を徒歩で渡って琵琶湖沿いに中山道を北上。今須宿から関ケ原の古戦場を通り抜け垂井へ。垂井からは、鈴鹿峠の難所や桑名から宮への7里の船旅を避けるため美濃路を辿って名古屋へ向かいます。
揖斐川は象が深みに嵌って水没しながらも歩いて渡り、長良川を象船で、境川は浅瀬を歩き、木曽川はまた象船で渡り、清州へ。名古屋を5月5日、家康の生まれた岡崎を5月6日に過ぎ、「姫街道」を辿って「象鳴き坂」に差し掛かったのは梅雨の5月8日。雨の中の峠越えでした。その後も雨は止まず、木賀(気賀)で2泊しています。

浜松で東海道に戻り、天竜川、大井川を歩いて渡り、岡部、十国坂、宇津谷峠を通り、安部川では川越人足の人堰で流れを緩めた中を徒歩で渡り、府中(静岡)、清水を抜けて興津へ。5月15日興津を発って由井宿、蒲原、富士川を渡り、沼津から三島宿へ。5月17日にいよいよ箱根に挑みます。箱根の山の険しさは「象鳴き坂」の比ではなかったようで、なんとか箱根宿に辿り着いた象は遂にダウンしてしまい、回復のため4泊5日を要しました。この間、象の不調を江戸に知らせる早馬が二度も出されたり、宰相が箱根神社で象回復の護摩を焚いてもらい、駒形神社で祈願の上お札を頂いたりした記録が残っています。
ようやく回復した象を連れた一行は5月21日に箱根宿を出発し、小田原、平塚、戸塚と泊り、川崎に5月24日に到着。翌25日、六郷川(多摩川)に作られた船橋を渡って、蒲田、大森、品川を通って高輪の大木戸から江戸に入り、浜御殿(浜離宮)に新しく用意された象小屋に到着しました。
長崎から江戸までの354里を74日かけて歩き通した旅でした。
江戸城に参上して、待ちわびる8代将軍吉宗に謁見したのは、2日後の5月27日のことです。

2019年4月、私たちは天竜浜名湖線の都築駅で下車して「象鳴き坂」へ向かいました。
田んぼを抜け、住宅が点在するみかん畑の中の舗装された坂道を上り、牧場を通り過ぎると、道端に草に覆われた一里塚がありました。日本橋からちょうど70里とのこと。

ブDSC03763 ブDSC03766

分かれ道に「姫街道」の立て札があり、ここから細い土道に入ります。石コロだらけの坂道はとても歩きにくく、気を付けながら上っていくと道の脇に大きな「石投げ岩」がありました。引佐峠を上り下りする旅人が道中の無事を祈ってこの岩に石を投げたそうで、岩の上には小石がいっぱい載っていました。

ブDSC03777

この辺りからいよいよ本格的な急坂となります。しばらく行くと「象鳴き坂」の立て札!
そこからはさらに道が悪く、急な細い坂道が続きます。左側は崖。

ブDSC03783

かなり大変ですが、人間は身体が小さいから泣くほどのことはありません。でも、滑りやすい雨の中、図体の大きな重い象だったら確かに悲鳴をあげたことでしょう。
本当に、よく転げ落ちなかったものです。こんなところを延々と歩かされた象に心から同情しました。なんて気の毒な象さん!!!
急な坂道はまだまだ続きます。息を整えながら、ゆっくり着実に登っていきます。
やっと引佐峠に着きました。

ブDSC03791

とても大変だったのに、この峠の標高がたったの200メートルしかないことに驚きました。その割には急な坂道の連続!
峠というのに木々が邪魔して見晴らしは効かず、景色は全く見えません。
ここからは、ひたすら下ります。
さらにどんどん下りていくと突然眺望が開け、浜名湖を見下ろす絶景が!

ブDSC03796

疲れが一瞬で吹き飛んだ「象鳴き坂」の旅でした。

さて、江戸城で吉宗将軍に謁見した象のその後について。
一行の通り道となった各藩に多大な負担を掛けながら大騒ぎして江戸まで連れてきて、江戸でも大フィーバーを巻き起こした象でしたが、吉宗はたった3回会っただけで興味を失い、その後は全く関心を示しませんでした。
「金喰い怪獣」の厄介者となった象は浜御殿で12年間過ごした後、中野村の源助という男に払い下げられ、見世物にされた上に餌も碌に与えられず、1742年12月11日、寒さと飢えで衰弱して死んだそうです。21歳でした。

「象が泣いた坂とは一体どんな坂?」という単純な好奇心で訪ねた旅をきっかけに私が知ったのは、なんともやるせないとても悲しい話でした。

参考資料:「象の旅 長崎から江戸へ」(石坂昌三著 新潮社)

(担当 Mikkie)

-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

虎ノ門駅のアート

東京都CM(0)

徐々に新型コロナ以前の生活に戻りつつあるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。
私は最近東京メトロの虎ノ門駅で面白いものを見つけました。
虎ノ門駅の周辺は再開発が進み、再開発した建物から駅にアクセスできるようになり、駅のホームも改修が進んでいます。
その改修が済んだ渋谷行のホームの壁面です。
一見したところ、子供が虎のお面をかぶって遊んでいる絵です。

IMG_1314.png

近寄ってみると、凸凹があり、絵画というより彫刻のようです。
正面からだけでなく、右から見たり、左から見たり、見る方向や角度により、凸凹とその影により表情やしぐさが変化していきます。不思議なアートです。

4.png

2.png

1.png

東京メトロの資料によると、これは2020年に設置された「白い虎が見ている」という中谷みちこさんの作品だそうです。
銀座線については、2017年の上野駅をはじめとして、京橋駅、銀座駅、青山一丁目駅、日本橋駅等にパブリックアートが設置されているそうです。(詳しくは以下の東京メトロの資料をクリックしてください。)
 
 上野駅・末広町駅
 京橋駅、銀座駅、虎ノ門駅、青山一丁目駅、外苑前駅
 日本橋駅

これらの駅を利用されることがあったら、パブリックアートをご覧になってみてください。


 (担当 Aozora)

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

プロフィール
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 

Copyright ©さつき会ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.