さつき会ブログ

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

歌舞伎の楽しみ方 自慢篇

観劇

歌舞伎や能について詳しい原田紀子さん(71年 理学部卒)の鋭く興味深い視点から、「歌舞伎の楽しみ方」について寄稿していただきました。




歌舞伎の楽しみ方 自慢篇

歌舞伎座

写真 歌舞伎座


「菊吉爺(きくきちじじい)」という言葉があるのを最近知りました。
今は亡き六代目尾上菊五郎と初代中村吉右衛門が最高の役者で、「自分は見たことがあるが、お前たちは無いだろう」とか「今の役者はとても菊吉に及ばない」というような意味らしいです。
また九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎の場合は「團菊爺」だそうです。

歌舞伎故人

写真 歌舞伎座3階には在りし日の名優達の写真が展示されています。


十三代目團十郎襲名公演の助六を見て、私は「十一代目婆」だわと思いました。
十一代目團十郎は最高に芸が上手い役者というわけではありませんが、最高に美しい役者で、声もカラカラとした男らしい声でした。亡くなる1年くらい前、丁度東京オリンピックの時で外国人向けに上演していたのではないかと思われる彼の助六を私は見ることができたのです。

勤め先の先輩に神田の生まれの20歳位年上の方がいました。
彼女の自慢は十五代目市村羽左衛門の舞台を見たことでした。花道の揚幕から出てくるだけであたりがぱーっと華やかに明るくなるのだそうです。
逸話に照明係がスポットライトをどのように当てましょうかと十五代目に聞いたところ、ライトなんかいらないよ、俺が光るんだからと言ったというのがあります。
彼女はさしずめ「十五代目婆」でしょうか。


助六揚巻

写真 孝夫・玉三郎の「助六」(『演劇界』平成3年4月号)

歌舞伎役者の条件は、一声(いちこえ)二顔(にかお)三姿(さんすがた)といわれています。今この三拍子揃った役者は、片岡孝夫(現仁左衛門)、女形では坂東玉三郎でしょう。
その素晴らしさは1975年に「桜姫東文章」を二人に演じさせることを目的として「T&T応援団」が、いわゆる後援会とは全く別に、結成されたことからも分かります。この4月に二人がお富与三郎の「与話情浮名横櫛」を歌舞伎座で上演するそうです。今は孝夫ではなく仁左衛門なので正確ではありませんが「孝玉婆」になれる残り少ない機会です。ぜひ観劇されることをお勧めします。

原田紀子



今回の「自慢篇」に引き続き、これからも独自の視点からのご紹介を楽しみにしています。
原田紀子さん : 国立科学博物館に勤務され、「西岡常一と語る木の家は三百年」 農文協、「着物と日本人」 平凡社、「能への扉」 淡交社などの著書があります。

(担当:Giglio)



-----------------------------------------------------
★あなたの「とっておき」の情報も教えてください★

下のURLをクリックして情報をお寄せください。
https://forms.gle/Yn8FBiFNcSx3camc9
-----------------------------------------------------

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

さつき会イベント委員の有志が会員の皆さんと一緒に様々な情報をお伝えしていきます。           (※ブログ内の関連情報は、興味をお持ちの方にさらに深く知って頂くためのものです。さつき会として販売促進するものではありませんのでご了解ください。)

プロフィール

johohasshin2020

Author:johohasshin2020
さつき会
(東大女子ネットワーク・コミュニティ)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
 

Copyright ©さつき会ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.